Netflixでアダルト向けエロい映画69選【R15,18】裏ワザあり

動画配信サービスの黒船『Netflix(ネットフリックス)』

正直観れるタイトルが多すぎてどれを選んだら良いか分からなくなることありませんか?

ジャンルも様々ですし、Netflixオリジナルの指標である「マッチ度」も私が使っている印象としては、そこまで精度が良いとは言えません。

ましては家族で共有している人からすればちょっぴりエッチな映画は個人でこっそりと見たいはず。

特に男性が知りたいのはNetflixでアダルト動画は見れるの?

エロ動画はあるの?という点では無いでしょうか。

その気持ち分かります。私も男性ですし正直めっちゃ探しました笑

先に結論を言っておくとガチのアダルト動画はNetflixで見れません

ガチのアダルトならタイトルも豊富で画質も良いU-NEXTがありだと思ってます。

ただ、Netflixでも年齢制限のある作品の中にはエロい動画もありますし、単純にエロ要素だけでなくストーリーなど含めてしっかりと見れるタイトルも存在します

そこで今回はNetflixで見れる官能的で年齢制限のある作品全「69」選をご紹介。

これを参考に作品を探す時間に当てるのではなく、少しでも多くの時間をエロ動画を堪能する時間が多くなると嬉しいです。

目次

PG12作品

まずは『PG12』指定の作品から。
ちなみにPG12の意味は下記になります。

PG12とは

小学生には保護者の助言・指導が必要とされ、なるべく親か保護者が同伴した方が良いという区分の映画です。

題材に性・暴力・残酷・麻薬などの描写や、ホラー映画など、刺激的で小学生の観覧には不適切な内容も一部含まれているものが対象となります。

必ずしも性的描写が基準になっている訳ではありません。

SEX AND THE CITY

テレビドラマから人気を受けて映画化された作品。

なんと言っても演技じゃなくて本当に本番している!?と思わせる情熱的で過激な濡れ場が見どころです。

作品のタイトルほどセックスシーンがあるわけではありませんのでエロ要素で見るよりかはドラマが好きな人が映画も見てみたという人が多いと思います。

ステイ・フレンズ

 

ハッキリ言ってエロコメディ映画です。

セックスフレンドって有りか無しかをテーマにした作品ですし、エロ要素は少なく恋に悩むティーンやそろそろ結婚を考える時期だけど…という女性向けだと思います。

さくらん

人気漫画を蜷川実花さんが映画化した作品で吉原の遊郭を舞台に遊女の生き様を描く作品。

日本の有名女優の菅野美穂さんを筆頭に木村佳乃さん、土屋アンナさんが出演しており大胆な濡れ場を演じている作品として絶対に日本男児なら見て損しない作品。

色使いや音楽などどちらかと言えば女性監督だけあって女性目線で評価の高い映画です。

愛を読むひと

小説が原作の映画化作品であり、主演のケイト・ウィンスレットがアカデミー賞主演女優賞を獲得した作品だけあって純粋に映画を見る価値があります。

ストーリーも良いですし、主演女優の濡れ場シーンもたっぷりです。

感動できる内容ですのでエロ要素を求めているなら違うかも。

Lolita(ロリータ)

少女に心を奪われた中年男性の恋心を描いた作品。

ロリータコンプレックスはこの映画から来ていると言われています。

ロリのエロ要素がある訳ではないので、そこを期待して見るならガッカリします。

R15+作品

PG12による序盤は置いておいて、いよいよエロ要素が増える作品をご紹介!

R15+作品とは

満15歳以上の者が鑑賞できる作品で15未満は保護者の同伴によって鑑賞可能となる作品を指す。

間違って家族みんなで見るとと〜っても気まずい思いをすることになるので、もし年頃の娘がいるお父さんは見る場所を考えてくださいね。

ブルーバレンタイン

過激なベッドシーンが話題となった作品。
アメリカでは当初性描写が影響し、17才以下は禁止になりました。(その後、抗議の結果R指定に引き下げ)
これに期待して主演女優のミシェル・ウィリアムズのラブシーンが見れると期待して観客動員が増えたとか。
確かにエロ要素があり、女優の体当たり演技が見れます。
ただ、ラストはハッピーエンドでは無いので注意かも。

ドン・ジョン

イケメンでヤリチンプレイボーイが実はポルノ中毒という設定です。
どれだけポルノ映画が良いかと熱弁するシーンは笑えますし見ていて面白い作品です。
ポルノ映像とかセックスシーンは映りますが、笑える作品でもあるのでエロいかと聞かれたら微妙。
スカーレット・ヨハンソンが脱ぐかと思って期待するとガッカリします。

花嫁道中

女による女のためのR-18文学賞で大賞と読者賞を受賞し、ベストセラーと鳴った小説を映画化。
花魁の安達祐実が濡れ場で上半身を惜しげもなく出しているだけでも見る価値のある作品。
ただ、男性目線で見るとそれだけかも。

桜姫

主演、日南響子の濡れ場が見どころの作品。
出演時19歳というのも貴重。公開年の2013年に芸能界を引退しておりこの作品は制裁としてやらされた仕事では?
という物議もありました。
セクシー女優の麻美ゆまさんが遊郭のライバル役で出ているというのもあり、プロの激しいカラミも見どころ
エロ要素たっぷりの作品です。

花芯

人間、15才以下見ちゃダメ。と言われたら気になって見てしまうもの。
瀬戸内静寂さんがこの映画のもとになる小説を発表した際は「子宮作家」のレッテルが貼られてしまいました。
村上絵里さんのヌードは必見でとてもキレイです。
着物でもエロさを感じる女優さんです。

無伴奏

成海璃子さんや遠藤新菜さんが大胆にも過激な濡れ場シーンが見どころです。
この二人のディープキスがエロい!とも言われました。
non-noモデルの遠藤新菜さんがココまでやるとは!と正直エロ要素たっぷりです。

さよなら歌舞伎町

前田敦子が主演の新宿・歌舞伎町のラブホテル。
店長と恋人を軸に掃除人、デリヘル嬢、AV女優、刑事、家出少女、風俗スカウトマンなどワケありの男女が交錯する群像劇はリアルで起こりえそうな内容。

結婚したあっちゃんのエロは期待できませんが、韓国の女優イ・スンウさんのシーンではモザイクが入るほど大胆に演技を披露していたりします。
ラブホテルが舞台だけありエッチなシーンは多数出てきますが、中でも河井青葉さんの濡れ場はエロ要素満載です。

欲動

女優の三津谷葉子さんの濡れ場が見どころです。
巨乳をさらけ出しています。
作品としては賞を取っていますがどうでしょうか?

ラヴホテルズ

日本特有のラブホの世界を舞台に女性4人のリアルな愛とセックスを描く群像劇。
何かと話題になる紗栄子さんも出演していますが、三浦敦子さんの濡れ場シーンが見どころ

失楽園

もはや説明不要ですね。
大ヒット小説は社会現象にもなりました。
テレビドラマ、映画とそれぞれ役者を変えて実写化されました。
映画では黒木瞳さんが出演されています。
余談ですが、公開されたのは1997年とかなり前。

海を感じる時

市川結衣さんの濡れ場がある映画です。
市川結衣さんはこの映画以外にもNetflixで観れる「アリーキャット」で元デリヘル嬢として出演しており、こちらの映画でも体当たり演技を見せてくれています。
ですが、こちらの方がエロ要素が高い作品です。

夢二 愛のとばしり

実在した大正ロマンを描く芸術家であった「竹久夢二」が一人の女性に溺れていく内容。
グラビアアイドルでもあり、人気声優の小宮有紗さんによる体当たり濡れ場シーンが見どころです。

少女

事件も特に無い小さな町で、警官は怠惰な日々を過ごしていたが美しい少女に誘惑され、逢瀬を重ねていく。
中年男と少女の純愛を描いた小説を映画化。

エロい要素はありませんが一部やはりR15+にした描写が描かれています。
小説の実写化映画として楽しみましょう。

TANKA

女優の黒谷友香さんが「オンナ」盛りの奔放な性と、その完成された裸体を惜しげもなく魅せる官能映画とも言えます。
俵万智の処女長編小説「トリアングル」を原作に、作詞家・阿木耀子が初の映画監督に挑戦した作品なので完成度に期待しすぎるとがっかりするかも。

屋根裏の散歩者

浮気性の若き医者がある館で遺体となって見つかった。
医者は自殺したのか?それとも他殺だったのか?
江戸柄乱歩の推理小説を原作としているのですが、原作重視で見るとガッカリかも。

間宮夕貴がオールヌードで挑んだエロティックミステリーですが、さすがR18+となっただけあります。
ただ、エロを入れれば良いってもんではない。

マジック・マイク

男のストリッパーの恋を描いた作品。
監督が社会派だけあり単純にアンダーグラウンドではなく、作品としても評価が高い内容です。

男性が求める単なるエロ的な描写は期待してはいけません

スリーピングビューティー

川端康成の「眠れる美女」が原作。
映像がキレイで白人女性(少女)を老人を弄ぶという設定がエロティックですが、実際の行為の描写はありません。

女優さんがキレイだという点くらいです。

美しい絵の崩壊

女優ナオミ・ワッツのアラフォーとは思えない美しい身体を披露している点が見どころです。
男性視点だと若い男性が友達の母ちゃんとイチャイチャしてしまうエロ本のような話です。

女優がナオミ・ワッツだったという点が救いです。

リベンジポルノ

元セクシー女優の七海ななさんが出演している点でエロ要素は期待できます。

タイトルがリベンジポルノというだけあり中高生に向けた啓発的な映画だと思って家族で見ようとしたら気まずいやつです。
写真は気をつけようね。

UNDER THE SKIN

スカーレット・ヨハンソンが初のフルヌードに挑戦。
そこだけでも見る価値があると思います。
ただ、洋画だからといって作品の内容に期待してはいけないかも!?
観る人を選ぶ作品です。

男性ならスカーレット・ヨハンソンのグラマーなボディが見れるだけでも後悔はしないと思う。

ユダ

元カリスマキャバクラ嬢、立花胡桃の自伝的小説を完全実写化。
キャバクラ嬢となった女子高生が、さまざまな思惑がうごめく夜の世界で頂点を目指す姿を活写していく。
この謳い文句を聞くだけでも期待は膨らみますが、実際に約3,000人ものオーディションを経て主演に抜てきされた水崎綾女さんが熱演されています。

まさに体を張ってカリスマまで登りつめた過程をエロティックに描写しています。

最低。

セクシー女優の紗倉まなさんの処女作である小説「最低。」を実写映画化。
芸能界で一番エロいカラダと称される女優「佐々木心音」さんのフルヌードと濡れ場ありと見どころたくさんの映画です。
何よりもAVのリアルを描けているように感じました。

不倫純愛

失踪した人気作家。妖艶なその恋人。背徳の性愛に仕掛けられた罠。
女優の嘉門洋子さんが妖艶な演技を見せた作品ですが、タイトルの「不倫純愛」にはツッコミを入れたい。
不倫に純愛なんて無いから!この矛盾を気にしなければ不倫映画として濡れ場ありのそこそこ見れる映画です。

身体を売ったらサヨウナラ

AV女優だった過去を暴露された実体験をつづった元新聞記者・鈴木涼美の著書「身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論」を映画化。
主演を務めるのは『恋の渦』にも出演した柴田千紘さん。
『下衆の愛』で注目を浴びた内田英治監督がメガホンを取る。
衝撃の話題作でもあり、女優さんの身体を張った演技が見どころです。

男性なら「しみけん」さんが出てる。と思わず声に出してしまうかも笑

ハウスメイド

故キム・ギヨン監督の『下女』を、『浮気な家族』のイム・サンスがスタイリッシュにリメイクした映画。

無邪気なメイドを『シークレット・サンシャイン』のチョン・ドヨン、邸宅の主を『イルマーレ』のイ・ジョンジェが演じる。
官能的なシーンにも挑んだチョン・ドヨンの熱演がエロ要素ですが、リメイク作品というだけあり映画として十分楽しめます。

完全なる飼育

完全なる飼育はシリーズ映画としての作品があり基本的にはどれもエロ要素がふんだんにあります。
ちなみにこのシリーズで主演となった女優さんを「飼育女優」と言うとか言わないとか。

この映画では「小島聖」さんが、愛の40日間では「深海絵里」さん、香港情夜では「伊藤かな」さん、メイド、for youでは「亜矢乃」さんがそれぞれ見事な濡れ場シーンを見せてくれています

シリーズ化されるのもある意味納得の作品です。

変態だ

みうらじゅんと安藤肇という変態の横綱(褒め言葉)が文字通り「変態だ」というタイトルで作った映画。

きっとド変態エロ映画だと予想して期待せずに見てみたら良い意味で期待を裏切られた作品。
クシー女優で元恵比寿マスカッツの白石茉莉奈が出てきますが、エロ要素はあまり期待し過ぎない方が良い。

彼女の人生は間違いじゃない

震災による津波で母をなくした女性が東京に出てデリヘルでアルバイト。
官能的な描写もありながら、社会的な問題にも切り込んだ映画。

エロ要素を期待するのではなく純粋にひとつの映画として真剣に見てほしいと感じた作品
むしろエロ要素は無理やり入れている感じ?

誘惑遊女 ソラとシド

町の再開発によって立ち退きを迫られる風俗店で働く二人の女の人生の岐路を描いた作品。出演は「お色気女将 みだら開き」のかすみ果穂、「おやじ男優Z」の倖田李梨、「めぞん美熟女 ぬるぬる下宿」のダーリン石川、「いんらんな女神たち」の津田篤。
と出演女優の作品名を聞くとエロ要素が強いのかと思いきや、そこまで強烈なエロではありませんし、ストーリーが良かったと思える最後まで見れる映画です。

チェリーについて

甘い誘いに乗り、無垢な女の子がヌードの世界に入り込んでいく……。
ちょっぴり痛くて残酷な恋を描いた、女の子のためのガールズムービーが公開されます。
主演を務める新鋭アシュリー・ヒンショウが大胆なヌードを披露した点が見どころ。
2012年のベルリン国際映画祭出品された話題作でもあり、映画として見れます。

nude

セクシー女優のみひろさんの自伝小説を映画化。

「絶対に絶対に絶対に女優になるんだ!!」と心に誓い、AVに出演することをひとりで決めてしまう内容ですが、芸能界に憧れる田舎の女性がAVに入っていくリアルを感じ取れます。

渡辺奈緒子さんの濡れ場シーンはかなりの見どころです。

蛇にピアス

SM、刺青、ボディピアス、スプリットタン、そして、今を生きる19歳のリアルを描いた作品。

大人気女優「吉高由里子」さんのヌードを拝めるだけでも世の男性は観る価値があると思う。
だまって見ろ。という作品。

ヘルタースケルター

こちらも大人気女優「沢尻エリカ」さんのヌードが見れるという推薦文句で男性陣は十分だろう。

それにしても蜷川親子は大人気の女優を脱がせることが上手い。
何故なんだ??

クロエ

『秘密のかけら』など独自の愛の世界を探求する鬼才、アトム・エゴヤン監督による官能サスペンス。
孤独にさいなまれる主人公を体当たりで演じるのは、『キッズ・オールライト』のジュリアン・ムーア。魔性の娼婦(しょうふ)を、『ジュリエットからの手紙』のアマンダ・サイフリッドが熱演する。
2人の美女が織り成す妖艶なシーンはハリウッド映画ならではです。
女性同士のカラミに期待する方は見て損はない作品。

 

R18+作品

ここからはいよいよR18+に指定された作品です。

R18+とは

大人専門の映画。

かなり刺激的な内容もあり、一般的な映画館では上映を断られるケースも。

韓国映画では官能エロスが興行収入に繋がりやすいのか?
R18+作品が多めです。

アデル、ブルーは熱い色

青い髪の美大生・エマと教師を目指す女性・アデルは情熱的な恋に落ちる。だが、時が経つにつれて二人の心はすれ違っていく——。
カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した野心的なラブストーリー。

作品の素晴らしさはもちろんのこと、激しい濡れ場がある洋画●選というようなランキングでは必ず入ってくる作品。
アデル・エグザルホプロスの演技に注目。

愛の渦

次々と同じ一室にいる男女がパートナーを変えそれぞれの欲望を剥き出しにする作品。
女優の門脇麦さんを中心に濡れ場を演じていますが、この撮影のために喘ぎ声の練習もしたとか。
練習の結果は…ご自身でお確かめください。

新井浩文さんも出ている作品ですが、作品が差し止めにならないことを願います。

好きでもないくせに

週刊誌「FLASH」に謎の聖女としてグラビアデビューをして話題になった瑠子さんの主演作。

昼は売れないモデル、夜はナンバーワンのキャバ嬢で本当に好きな男性とは出来ない女性を描いています。
彗星の如く、謎の素人から映画の出演まで果たした瑠子さんの濡れ場は必見です。

THE DREAMERS

1960年のパリで双子の姉弟に出会ったアメリカ人留学生のアヴァンチュールな世界を描いています。

21代目のボンドガール(カジノ・ロワイヤル出演)であるエヴァ・グリーンの濡れ場が見れる映画です。
それだけかもしれません。

愛のタリオ

日本でも大ヒットした『私の頭の中の消しゴム』で世の女性をとりこにした韓流スター、チョン・ウソンがこれまでのイメージを覆す、欲望に溺れる悪い男を大胆かつエロチックに熱演している作品。

韓国の女優イ・ソムの濡れ場シーンにも注目がありまりますが、韓国映画らしい?復讐をテーマにしており、こちらの演技も魅力的です。

私の奴隷になりなさい

サタミシュウのSM青春小説「私の奴隷になりなさい」を映画化。
ハード極まる描写から映像化が困難と云われてきたが壇蜜さんの存在によって、ついに待望の映画化が実現し話題になった作品です。

史上最強のエロス神、壇蜜さんxSM青春小説。
男性諸君にはこれ以上の説明は不要ですね。

ジェリー・フィッシュ

新潮社の「女による女のためのR-18文学賞」受賞作を映画化していく「R-18文学賞」シリーズの第2弾。

クラスで浮いていた孤独な女子高生・宮下夕紀が、水族館のクラゲの水槽の前で同じクラスの叶子と出会い、唇を重ねたことから互いにひかれあっていく姿を描く青春劇。
元グラビアアイドルの大谷澪さんと元レースクイーンでもあり元体操選手でもある花井瑠美さんそれぞれのカラミは官能的です。

情愛中毒

韓国で大ヒットを記録したスキャンダラスな愛の物語です。
イケメン俳優のソン・スンホンさんとイム・ジヨンさんが濃厚なベッドシーンを演じたことで韓国では話題となった作品です。
整形が…という人もいますが、どこまでが作り物なのでしょうか?

霜花店〜運命、その愛

韓流エロスブームですね。
韓国映画では官能的な要素が多いという意見もありますが(AVが禁止なので映画に描写がいきがち?)
作品がとにかく良いという評価も高く、女優ソン・ジヒョの濡れ場目当てで見たら思わぬ発見だったという男性多数。

阿部定最後の7日間

昭和11年5月、日本中を震撼させた「阿部定事件」を映画化した作品。

阿部定を演じるのが大人気セクシー女優の麻美ゆまさんで監督が愛染恭子という最強のコンビが放つ、官能の話題作という期待値が最高に上がってから見るとガッカリします。
なので期待せずに見るのをお勧めします。

オガムド

20歳になったばかりの女優シン・セギョンをはじめ登場する女優殆どが脱いでいる事でも韓国ではとくに話題となった作品。

エロスをテーマに撮った映画ということですが、判断はおまかせします。

SHAME

NYでエリートサラリーマンとして生活するSEX依存症の兄の部屋に転がり込んだ、恋愛依存症にしてリストカット癖のある妹。
全く相容れない二人は、共に生活を送ることで衝突し、事態は悪い方向へと転がり始めるという作品。
ボカシは入りますがセックスシーンは生々しいです。
結構、作品として感動できるので普通に映画として期待していいと思います。

ちょっとかわいいアイアンメイデン

とある名門女子校を舞台に拷問部のエロティックな学園生活を描く漫画を映画化。
拷問部というだけあり中身はSMです。
小原徳子(旧名:木嶋のりこ)さんは初のフルヌードに挑戦。
完全にAVと言われる作品笑

まぁ見てください。

17歳

少女と女の狭間で揺れ動く17歳、そのセクシャリティに真正面から向き合った問題作。
女優のマリーヌ・ヴァクトは実際に17歳で濡れ場シーンを演じている事でも話題になりました。

問題作と言われるだけあり、エロ要素という寄りは心の闇を丁寧に描写している映画。

花と蛇-ZERO-

「花と蛇」では杉本彩さんが大胆なシーンを演じましたが、こちらは天乃舞衣子さんがヌードを披露する「花と蛇 zero」です。
エロ要素が満載とは言い切れず、Vシネマ程度にとどめた作品です。

牝猫たち

本作は、今年2016年で製作開始から45周年を迎える成人映画レーベル「日活ロマンポルノリブートプロジェクト」第3弾にあたる作品。
デリヘル嬢の話ですが、冒頭は疑問が湧くかも?

井端珠里さんの濡れ場がありますが、エロ要素は微妙かも!?

花鳥籠

ごく普通のOL・寧子は文字だけの会話で行われるバーチャルセックスに自らを慰めつつ、深い孤独と満たされない欲望を抱えながら、彼女は日々をやり過ごしていた。
官能小説を映画化しただけありエロ描写満載で女優の森野美咲さんがセクシーです。
ヘアヌードや濡れ場だけではなく、剃毛や一人エッチのシーンまであります。
ドM調教要素ありですがアダルトビデオではありませんので過度な期待はご注意を。

奴隷市

巨匠・団鬼六、最後の官能小説「旅路の果て~倒錯一代女~」を完全映画化した作品。

監督・愛染恭子&主演・麻美ゆま、究極のエロスをテーマにしており、監督&主演のこのタッグはある意味安定感があります。

ただ、個人的には作品(ストーリー)を見せたいのかエロ要素で客を掴みたかったのかイマイチわからん作品。

フィギュアなあなたに

美少女フィギュアに恋した孤独なオタク青年の悲哀と救済を描く不思議なファンタジー。
「最低。」に続いて佐々木心音さんの濡れ場が話題となる作品。
正直設定が極端なのでエロだけを期待するなら問題ありませんが作品には期待できません。

エロだけ?エロに逃げていると言われてしまった作品。
男性にはそこが良い?

捨てがたき人々

苦しんで、喘いで、それでも生きていく―。
鬼才・ジョージ秋山原作、人間の欲と深い業を描く問題作。

三輪ひとみさん濡れ場も含めて”濡れ場”ばかりかよ!?
と思って最後まで見ると必要なカラミシーンだったのかと思わせます。

美保純の久しぶりの濡れ場に心踊らせる中年もいたとか。

恋の罪

1990年代に実際に起きた殺人事件に触発されて撮り上げたサスペンスドラマを表と裏の顔を使い分ける女性の深い業を描き切る園監督の手腕で見事に描写した作品。
女優の水野美紀さんや神楽坂恵さんのエロ要素に期待して見た人も多いハズ。

人気の水野美紀さんのヌードが見れるだけでも価値があります。
作品の内容は賛否分かれる作品です。

女の穴

原作は「ふみふみこ」の短編コミックを映画化した作品。
グラビアアイドルの石川優実さんと同じくグラビアアイドルの市橋直歩さんの身体を張った演技が見どころ。
アニメ声が残念とするか、そこが好きとするかは好みの問題。

すべては「裸になる」から始まって

自伝小説「すべては『裸になる』から始まって」を出版した森下くるみさんの赤裸々な告白を映画化。
元AKB1期生でもある成田梨紗さんがセクシー女優を演じており、魅力的なエロ要素があるのか注目された作品。

元アイドルという看板と伝説的な人気だった森下くるみさんの自叙伝という点で見たい要素はありますね。

Netflixオリジナル作品

ここではNetflixオリジナルのマークが入った作品で官能的なジャンルに位置付けされている作品を紹介します。

エリサ&マルセラ

20世紀初頭、禁断の愛で結ばれたエリサとマルセラは、夫婦として共に人生を歩むために、大きな決断をするが…
スペイン初の同性婚を果たした実在夫婦の物語であり、エロ要素はありません。

上流階級

妻は、館長の座を狙う美術館副館長。
夫は、正解進出を目論む名門教授。
一人の選ばれし者になるために、野望に満ちた夫婦は全てをかけて高みを目指すストーリーの韓国映画。

ドライ・マルティナ〜失われた情熱を求めて〜

落ち目の歌手、マルティナの前に現れたのはチリからやってきた自称腹違いの妹。
彼女の元カレの姿に、マルティナは久しく失っていた欲情をそそられてしまい…

オオカミの皮をまとう男

人里離れたスペインの北部。
人間の温かみが届かない寂しく静かな山でひっそりと暮らしていた男は、孤独を解消しようと、ある女を妻として迎えます。

ジャンル別に作品を絞り込む裏ワザ

最後に年齢制限別やジャンル別に作品を絞り込む裏ワザをお伝えします。

例えば、下記の画像の様に検索窓を使用してある程度絞り込むことは可能です。

Netflix大人で絞り込む
検索窓に「大人向け」と入力して絞り込んだ結果ですが、赤枠で囲った箇所に次に関連する作品を探す。

という目的で該当箇所をクリックするとジャンルを絞り込むことが可能です。

下記では「官能」と検索して絞り込んだ例。
Netflix官能で絞り込む

ただし、これでは曖昧な検索になります。
そこでジャンル別に絞り込む裏ワザとして使用するのがNetflixのジャンルコード

使い方はジャンルコードが分かっていたら超簡単。
「https://netflix.com/browse/genre/xx」
上記のURLの末尾xxをコード(数字)に変換する方法です。

例えば官能的な作品が見たいならジャンルコードは100040になりますので
https://netflix.com/browse/genre/100040となります。

これを利用することで官能的なシリーズの中でも

といった具合にNetflix側が絞り込んだ状態で表示してくれます。

ガチなアダルト動画がみたいなら

最後に、Netflixはここまで紹介したように官能的なシリーズや大人向けのR18+といった作品まで幅広く網羅されています。
ただし、ガチなアダルト動画がみたい場合は残念ながらNetflixでは満足出来ないです。
映画も楽しめて、さらにガチなアダルト動画がみたい場合は「U-NEXT」というサービスがおすすめです。
U-NEXTもNetflix同様に見放題をキホンとしたサービスでありますが、アダルトが強いです。

新レーベルの「FALENO」の作品がU-NEXTで独占見放題配信となっています。
専属の新人女優が続々デビューしています。

言葉での説明よりあなたの目で実際に確かめてください。
U-NEXTのアダルト情報を無料で試してみる